クラスを使ってみる

C++ では、C言語から様々な機能拡張が行われています。
まずは、拡張された昨日の中でも代表的な、クラスについて学習を進めたいと思います。

クラスというのは、大まかに言ってしまうと従来からC言語でも使用されてきた構造体とほぼ同じです(汗)
しかしクラスでは、クラス内部で宣言されたメンバ(変数)を、宣言部の外からアクセス可能/アクセス不可と設定したり、関数を宣言したりと機能が拡張されています。

まずは、練習用のコードを用いて、クラスの理解を深めていきましょう。
この例では、クラスのありがたみは、まだありません。
次回以降で、コードを追加して行くことで、ありがたみが出てくる(ハズ)なので、とにもかくにも騙されたのだと思って、次のようにコードを編集してください。

 

サンプルコードを実行すると、下記のような結果が得られます。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください